発症率の低下を図る|悩める認知症は予防が肝心

運動

脳に良い栄養素で予防

悩む男性

予防をしたい人は多い

最近では認知症をテーマにして番組を放送するテレビ番組が多くなり、たくさんの人が認知症について気になっていたりします。ニュースでも認知症になってしまった人が家を出たきり迷子になって帰ってこなくなったり、認知症をだまして商品を買わせる悪質なセールス犯罪にかかわってしまったり、子供がえりするかのように家族に対して暴力的になってしまったり暴言を吐いたりするなど、そのような情報が飛び交うと自分も認知症にならないようにしたいと思ったり家族の誰かが認知症にならないようにさせたいと考えたりするようになる人が多くなるのも仕方のないことなのかもしれません。何とか予防できる方法はないのか、予防をすることができる栄養素などはないのか考えるかもしれません。

カレーで予防効果を発揮

実は認知症を予防できる料理がありまして、それがカレーなのです。カレーにはウコンに含まれるクルクミンという成分があります。そのクルクミンが認知症を予防してくれる成分として効果を発揮するといわれているのです。認知症となってしまう原因の1つでは、アミノロイドβたんぱく質が集まることで脳内の神経細胞が破壊され老人斑というものができてしまうことから進行していくといわれています。その老人斑をクルクミンが分解する働きを行なってくれるのです。そのためにカレーを食べることは認知症予防効果に良いということとなるわけなのです。そしてクルクミンは摂取することで癌を予防する効果や肥満を予防する効果もあるので健康に良い料理となるのです。

Copyright© 2016 発症率の低下を図る|悩める認知症は予防が肝心All Rights Reserved.