発症率の低下を図る|悩める認知症は予防が肝心

運動

コーヒーが与える脳の効果

高齢者

コーヒーで予防

コーヒーを飲むことで認知症を予防する効果があるのではないかと考えられており、研究が進められています。その理由としてではコーヒーに含まれるポリフェノールには抗酸化作用効果があり、活性酸素が増えていくのを抑制する働きがあります。活性酸素はある程度の量は体に必要とされるのですが、それが増えすぎてしまうことで神経細胞に悪影響を及ぼすのです。そしてコーヒーにはカフェインが含まれていることでも知られています。そのカフェインが認知症を防ぐのに有効な働きを行なうといわれているのです。カフェインを取り入れることでアルツハイマーの原因となる老人斑を除去してくれるのです。そのため普段コーヒーを飲む習慣を身につけることで、認知症を予防させることができると考えられているのです。

長年愛されるコーヒー

コーヒーは昔から多くの人に飲まれている飲み物で、コクのある香ばしい香りとほろ苦い大人の味が長年人気をよんでいたりします。ブラックやエスプレッソで飲む人もいればミルクを足してカフェオレで飲む人もいたりと、人によってもその飲み方はさまざまです。心地よく感じる香りから落ち着く時間を堪能する上に、認知症を予防することができるのは一石二鳥の効果があると思われることもあるかもしれません。しかし先ほども述べたようにコーヒーにはカフェインが含まれています。たくさん飲みすぎると不眠症につながったり、カフェイン中毒となってしまうこともあります。そのため、1日に飲む量はおおよそ1杯から3杯程度がちょうど良いと考えられております。

Copyright© 2016 発症率の低下を図る|悩める認知症は予防が肝心All Rights Reserved.