発症率の低下を図る|悩める認知症は予防が肝心

笑顔の女性

種類がいくつかある

植物

認知症になったら、物忘れ以外の症状が出ることがあります。うつ病のような症状や性格の変化です。徘徊をしたり、同じことを何回も口にすることもあります。認知症の進行は遅らせることができるので、早めに病院に行くことが大切です。

View Detail

長寿の時代に備える

手を繋ぐ

規則正しい生活が大事だ

様々な原因で脳の細胞が死んでしまったり働きが低下すると多くの障害が起こります。そしてその障害によって日常生活を送る上で支障が出ている状態の事を認知症と呼びます。認知症は高齢者に圧倒的に多い症状です。これから増々高齢化社会が進みます。数多くの人がなり得る可能性があると言えます。絶対に認知症にならないと言える方法はありません。しかし認知症になりにくい方法は分かりつつあります。長寿の時代であるだけに心も身体も健康でいなければ辛いです。予防の為に出来る事は行いたいものです。規則正しい生活が身体に良いとはよく言われます。これは認知症予防にも当てはまります。早寝早起きをして太陽の光を浴びたり栄養バランス良く食べる事が大切です。特に魚に含まれるDHAやEPAは脳に効くので積極的に取り入れましょう。ポリフェノールを含む赤ワインも効果的です。

脳も鍛えられる

最近筋肉トレーニングを行う人が増えています。心にも身体にもスタミナがつくので毎日を有効に使えます。スタイルも良くなるので見た目も良くなります。気分転換にもなりストレス解消にも効果的です。脳も身体と同様に鍛えられます。近頃脳トレという言葉をよく聞きます。ゲームやパズルなどを習慣とする事で脳の働きが良くなり認知症予防になると考えられています。テレビ番組で簡単なゲームが出されているのを見ます。また書店ではパズル雑誌も人気があります。将来に備えて認知症予防をしたいと考えている人が多い証でしょう。楽しみながら脳にも良いので皆に支持されるのは分かります。普段から頭を使ったり身体を使って前向きに生きる事が認知症予防には有効であると言えるのかもしれません。

コーヒーが与える脳の効果

高齢者

コーヒーを飲むことでそのコーヒーに含まれるポリフェノールとカフェインが認知症を予防させる効果があると考えられています。しかしカフェインは摂取しすぎることで体に悪影響を及ぼす可能性があるため飲む量には気をつけなければなりません。

View Detail

脳に良い栄養素で予防

悩む男性

カレーを食べることで認知症を予防させることができるといわれています。その理由として、カレーに含まれるウコンの中にある成分のクルクミンが認知症の原因となる老人斑を分解する働きを行なってくれるためなのです。

View Detail

Copyright© 2016 発症率の低下を図る|悩める認知症は予防が肝心All Rights Reserved.